Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

幕張メッセ2日目、イジメ・ダメ・ゼッタイをやるなんて思わなかったなあ。

BABYMETALの幕張メッセ2日目

2020年1月26日

 

セトリ

 

IN THE NAME OF
Distortion
PA PA YA!!
KARATE
神バンドソロ〜Kagerou
BxMxC
シンコペーション
ヘドバンギャー!!
Starlight
Shine
Arkadia
イジメ、ダメ、ゼッタイ

 

もう、イジメ、ダメ、ゼッタイは、絶対やらないと思ってたんだけどなあ。

 

見に行かなかったのが、究極に後悔だわ。

メジャーリーグのサイン盗みに思う。スポーツはフェアと言ったのは欧米人ではないかなあ。

日本の柔道には、無差別級というのがあります。

ところが、オリンピックにはこの無差別級という階級はありません。

 

ボクシングには、無差別級なんてものは全くありません。

 

体重制にしているいのは、体重によるハンディを無くすためです。

 

スポーツには、外形上のハンディを無くして、同じ条件でやらせるべきというのが、欧米にはあります。

欧米というより、アメリカと言ったほうがいいかもしれません。

 

そういうフェアを優先するスポーツ大国に起こった今回のサイン盗み事件です。

 

続きを読む

書評、いい加減に目を覚まさんかい、日本人!

百田直樹さんとケント・ギルバートさんの対談です。

 

朝日新聞、毎日新聞、NHKなどが、いかに日本人の尊厳をなくしてきたのかがよくわかります。

 

戦後、アメリカが日本人に対しておこなった、徹底した、「WGIP」ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム。

GHQは検閲などを通して、日本人を徹底的に洗脳します。

贖罪意識、つまり太平洋戦争で多くの悪いことをやったという意識を植え付けました。

 

武士道や滅私奉公の精神、天皇家への誇りも破壊されました。

 

中国や韓国の問題。

北朝鮮の脅威。

 

それから、安倍総理への偏見に満ちた報道。

 

この本を読んで、日本人の尊厳を取り戻したいものです。

 

ケントさんという、アメリカ人にこう分析し語られるというのは、一層信頼性があります。

  

荷物は預けて身軽に!2020年1月25日BABYMETAL幕張メッセ公演、セトリと感想

体のあちこちが筋肉痛で痛いです。

昨日のライブ、結構体張ったなあと今日になって思います。

 

BABYMETALのライブ。

 

METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN EXTRA SHOW LEGEND-METAL GLAXY

2020年1月25日

幕張メッセです。

 

グッズを買う予定はなかったので、開場の少し後に着くようにしました。

今日はスタンディング。

午後5時半からライブ終了まで、トイレには行けません。

昼頃から水分を摂るのをやめます。

ただ、ペットボトルは会場に持っていきます。

ペットボトルをぶら下げるペットボトルホルダーが便利です。

 会場の外側に花が置かれていました。

f:id:bookrock:20200126123040j:plain

 

並ぶゾーンに行きましたが、4時45分の時点ではまだ入場が始まっていません。

多くの人でごった返します。

続きを読む

BABYMETAL、幕張メッセ2020年1月25日感想

BABYMETALの幕張メッセ公演。

スタンディングしかないのでどうしようかと思ったのですが、ええい!と行ってみました。

趙moshずビット。

どうせ行くならと。

お客の誘導は少し遅れましたが、これなら問題ありません。

ずいぶん上手くなったなあと。

 

開演は6時40分。

予定より10分遅れです。

見てる場所は、前目。

5.6列目。

 

始まった瞬間に、ものすごい圧がかかって来ます。

もみくちゃです。

こ、これは、まずいかも。

最後まで体が持たないかも。

との不安がよぎります。

 

三曲目ぐらいに少しだけスローな曲になり、人がすっと引いていきます。

助かった。

 

もう、とことん楽しもう。

と、切り替えました。

 

この、ライブ。

アルバムが出てずっと聴きたかった2曲。

Oh! MAJINAI (feat.Joakim Broden

Night Night Burn

 

聴けました。

最高です。

 

この2曲聞けただけでも、元取れました。

 

最後は、THE.OEN

 

そして、アンコールは、

Road of Resistance

 

趙、超、超盛り上がり。

 

アベンジャーズ3人みんな出て、5人でした。

 

神バンドも、白と黒と。

 

濃密なライブでした。