読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

膝が痛い、そんな時は

病気

ハーフマラソン走って、膝が痛くなり歩けなくなったのでした。
なんとか会社に行こうと頑張ったのですが、ほとんど進まないので諦めました


病院に行きました。

近所の外科。

レントゲンを取り、しばらく待ちます。

患者の人たちがとても多くて、座りきれないくらいです。
何とか、空きを見つけて座ります。

9時診察開始ということで、9時前に病院に行ったことが既に間違いで、もっと早く行かないといけませんでした。

待合で待っている人は、診察のためではなくてリハビリとかのための人が多かったのでした。

それでも、診察までに1時間半ぐらいは待ったかと思います。

骨には異常はなくて、筋肉が切れているんだろうと。

ということで、シップと痛み止め薬を処方してもらうことになりました。
 

サポーターも必要だということで、保険が効かなくてちょっと高いけどどうします?と言われたので、一個だけ買うことにしたのです、1680円。

家に帰りシップをします。
冷えていて、それだけで効く気がします。

それから、シップを貼ったところにサポーターを巻きます。

これだけで、それまでほとんど歩けなかったのが、少し歩けるようになります。

saporter_20121119.jpg
両側からマジックテープでくっつけるサポーターです。

痛みが和らぎ、サポーター偉い!と思います。

食事をした後、薬を飲みます。

ロキソプロフェンと言う鎮痛剤です。あとで調べたら、鎮痛剤では最も一般的な薬みたいでした。同時にレバミピドと言う胃炎の薬も飲みます。

それから、5時間、痛みは嘘のように引いています。
歩かなかったのが嘘のように。

おそらく、鎮痛剤で抑えていると思うので、その効果が切れたらまた痛くなるんでしょうが。

ちなみに、シップは、ゼボラスバップと言うものでした。
 

買ったサポーターですが、近所の安い薬屋で見たら、1500円ぐらいしていたので(違うものですが)、その病院で買ったサポーターは特に高いものではありませんでした。