読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

眼底出血が検査で見つかったので眼科へ行き検査してきた。

眼底検査で眼底出血が認められるので、精査が必要ですと言う検査結果を突き付けられたので、眼科に行ってきました。

受付をすまして、待合室を見ると10人ぐらいいたかなあと言う感じでした。

どのくらい待って検査に入るのかなあと思っていました。

ほどなく看護師の人が来て、症状を聞かれます。

上のようなことを告げると視力検査が始まります。

 

診察室に行くと、そこに何人も待っていたのでした。

診察室に人が待つなんて、眼科でしかできないなあと思ってしまいました。

内科の診察室に他の人がいたら、触診が超恥ずかしくなります・・・

 

待っている人がいる中、視力検査が始まりました。

まずは、機械で目を見られます。

あの、アドバルーンが見える機器でです。

それから、風を吹き付けられます。

視力検査ボードがある視力検査へ。

まずは、裸眼で測られ、それから眼鏡をつけての検査です。

右目から左目へと軽やかに測られますが、見えそうで見えないところは答えに窮しますし、上と下が両方突き抜けて見えて、どっちだか分かりません。

 

視力検査を終えて、少し待つと、いよいよ検査です。

 

眼底出血のことを告げると、それはちゃんと調べないとまずいですねえと言われ、眼底を広げるために目薬を差されます。

 

10分ごとに都合3回目薬を差されます。

 

そして、診察室に戻り検査が始まります。

 

目に光を当たられ、調べられます。

 

最後はレンズみたいなものを目につけて調べられます。

 

結果、何もありませんでした。

 

病院の先生は、何もありませんでしたよ、と、少し申し訳なさそうに話してました。

 

検査が終わった後、看護師の人に、今日は5時間ぐらい光が目に入りすぎてまぶしいですよ。また、周りが見えづらくなります。車運転するなら気をつけてください。

 

と言われました。

 

会計を終えて外へ出ると目のピントが合わず、明るいのでした。

 

これじゃあ、車の運転は怖くてできないなあと思いました。

 

検査した項目

最隙燈顕微鏡検査(なんと読むのか分からんわ)

精密眼底検査

矯正視力検査

屈折検査

精密眼圧検査

角膜曲率半径検査

 

なんのことだかよく分からん検査名の羅列でした。

 

とにもかくにも、何もなくてよかったです。