読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bookrock

おもしろく こともなき世を おもしろく

BABYMETALにおじさんがはまる理由

BABYMETAL
最近
ずっと
一番聞いてるアーチストはBABYMETAL。

何でこんなに、はまったのかなあと言うことを書きます。

まずは、僕にとってはアイドルに対して興味が最高潮だったのが一番の理由かと思います。
アイドルに否定的なことがなかったのでした。
つまりは、入り込みやすい条件は整っていました。

たた、それだけでは、BABYMETALに行く理由はありません。

もっとな理由を書くと、ヘビメタ聴くには年が行き過ぎていたんだろうと思います。

ヘビメタのカタルシスを知る前に大人になっていたのです。

大人になるとなぜか、ハートなロックを求めなくなります。

ロックと言うのは、僕にとっては反体制的なイメージが強すぎて、学生の頃のような有り余る時間がない人にとっては、プライバシーでハードなことは求めなくなります。

学生の頃は、
ハードロックと
ブリティッシュロックと
パンク
でした。

音楽の歴史で言うと、ヘビメタはその後に来たムーブメントですから、あえて聞くことはなかったのです。

でも、その音楽性は、ずっと興味がありました。
だが、今更いけないよなあ。と言うのが偽らざる僕の心境です。

そこに、BABYMETALが、それこそ、
ガガガ
と入ってきました。

いつかは聞きたいヘビメタと
ずっと聞いてるアイドルです。

これは、はまれよ!と言われてるとしか考えられません。

そして、それからずっとどっぷりなわけです。

ただし、それだけではまだありません。

BABYMETALのライブと他のアイドルのライブは明らかに様相が違います。

他のアイドルは予習を徹底的にやって見に行かないと浮きます。 
決まりごとが多いのです。

ここでは、このサイリウムにしてとか、ここでは、このコールしてとか。
なかなかに覚えられないのです。

ところが、BABYMETALのライブは決まりごとが少ないのです。

感性で動けばなんとかなります。

そして、サイリウムがありません。
色を気にすることがありません。

雑念がないのでライブに集中できます。

これは、おじさんにとってはとても重要です。


アイドルとヘビメタと簡潔。

これがBABYMETALに熱中できる理由かと思います。

それに加えるとしたら、
歌唱力があり生歌なこと
キレッキレのダンスなこと。

かと。


アイドルの究極の進化系です。

早く
みんな
見ろよ!

と言いたいです。

LIVE IN LONDON -BABYMETAL WORLD TOUR 2014- [Blu-ray]

LIVE IN LONDON -BABYMETAL WORLD TOUR 2014- [Blu-ray]